医療で地域に貢献します。

骨粗鬆症チーム(FLSチーム)について

当院では、令和4年6月に「骨粗鬆症チーム」を結成しました。チームの介入対象は「大腿骨近位部骨折(大腿骨転子部骨折、大腿骨頸部骨折)を受傷された患者さん」とし、再び骨折しないよう多職種によるアプローチをおこなっています。
 骨折治療は、「薬物療法」「運動療法」「栄養指導」の確実な実施が極めて重要です。入院中に実施した治療を退院後も継続いただくため、当院では退院後1年間はフォローさせていただきます。整形外科の外来には骨粗鬆症チームの看護師が配置されており、治療継続のための極め細かい指導を実施しております。

その他の活動

1 .世界骨粗鬆症デイ イベント

10月20日は、「世界骨粗鬆症デイ」です。当院では、令和4年より、世界骨粗鬆症デイにミニイベントを実施しています。
県立広島大学 三原キャンパスの「コツコツ健康増進号」を使用して、飯田教授による前腕DEXA検査をおこないます。これにより骨密度を測定し骨粗鬆症のリスクを調べます。
検査対象は、通院患者さん・その付き添い者、医師会病院職員としています。参加された方からは「意外と骨密度が低かった。今日から日々の生活を見直していこうと思う」などのコメントが聞かれました。骨粗鬆症に対する意識を高めるきっかけになっていると考えます。
 骨粗鬆症は、「沈黙の病気」であり検査をしてみないと分かりません。早期に発見し適切な対応をすることで、生活の質の低下を防ぐことができます。これまで一度も検査を受けたことが無い方は、一度は受けられることをお勧めします。当院の健診科でも骨粗鬆症検査を受けることが可能です。

2. 院内研修会

骨粗鬆症治療に関する院内スタッフの知識向上を目的として、院内研修会を実施しております。会場開催とリモートによるハイブリッド開催を行っています。
◆2022年 院内研修会 講師:安原副院長(FLSチーム リーダー)

◆2023年 院内研修会  講師:三宅薬剤師(日本骨粗鬆症学会認定 骨粗鬆症マネージャー)

<FLSチームメンバー>

当院FLSチームには、2名の日本骨粗鬆症学会認定「骨粗鬆症マネージャー」が在籍しております。

3.骨粗鬆症教室

令和4年度より骨粗鬆症教室を開催しております。

PAGETOP
Copyright © 三原市医師会病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
PAGE TOP